2か月経過

今朝は 家の前の道路が雪でした。
ついについに 雪の季節到来です。ふぅ~

今日で術後2か月。
まだまだ本調子ではないものの薬にも慣れ、ごくごくフツーの生活をしている毎日。
同じことの繰り返しの日々だけど それが一番シアワセ(*^。^*)だと実感していると
入院中にお友達になった彼女から「めでたく退院したよ」と嬉しいメール。
個室だったので 他の人との交流はほとんどなかったけど彼女とは歳も近く
病室も近かったので、部屋を行き来したりしていたの(笑)
偶然にも同じ区で割と近くなので、体力ついて元気になったら
病院以外の場所であってお話しようと約束しました。
病気の種類は違うけど 病人同士で辛かったことや愚痴など本音で話あえて本当に嬉しかったなぁ。

今日、原千晶さんが病気の会見をしてましたね。
病気になる前と違って私も共感する部分がたくさんありました。
その中で、「自分は大丈夫だ!」って思ったといってましたが、ほんとそうなんですよね。
病魔が 知らず知らずに近寄っているとは知らずに・・・。

会見を見終え、自分の時のことを思い返してみたのでブログに記録(笑)
私の病気はまだまだ薬のガイドラインも決まっていないような珍しい病気で
まさか自分がこの病気のビンゴ!になるなんて想像すらしていなかった。
面談で先生のカルテに見つけた病名は 目を疑ったほど。
先生がこの病気を知っていることにおどろいてましたが、
今はネットで色々調べることができるので、知っていたということと、
一番最悪のパターンです。・・・と 呆然としながら答えていた。
あの時は、先生の前では平静を装っていたけど 病室で看護師さんに声をかけられたら
それまで我慢していたものが わぁ~っと吹き出し泣いてしまった。
ほんと、あの時の看護師さんには悪いことをしてしまったなぁ(;一_一)・・反省
来週の外来の時には、ナースステーションに元気な顔をだして、今度は違ったビックリの
お土産にもっていこう(笑)

私もがんばる。
[PR]

by matoelly | 2010-11-16 16:19 | 病気