1週間経過

フラフラ歩きになり、立てなくなり、食欲が落ちて私をハラハラさせた日から1週間が経ちました。
まだ顔の傾きが気になる所ではあるけれど、確実にいい方向に向かっているように思います。
ドライフードだけでは 食べなくなってしまったので缶詰作戦で与えていますが
昨日の夜は準備して 少しドライフードがふやけるのを待っていたいたら、なんと!自ら立ち上がり
フードのあるところまで歩いていき、食べ始めました(笑)
嗅覚は まだまだ現役といったところでしょうか。
うれしいうれしい。
トイレの間隔も少しづつのばして、様子を見ていますが、6時間は大丈夫だと思う。

元気になると考え始めるのが 今後のこと。
今は薬を多種にわたり飲んでいますが、今後減らすことはできるのだろうか?
今回の往診の先生は、かなり薬を出す先生だと感じます。
今までの主治医だと、薬を出す時、変な症状がでたらすぐやめましょうという方針で
かつ、私の考えも聞いてもらえましたが
今回の先生は ちょっと違う感じです。
まずは 耳の治療が終わるとステロイドと末梢循環障害の改善はなくなると思いたいが、
心臓は どうなんだろう?

まだ 心電図を見た限りではそれほど問題はないとのことでしたが Enacardが処方され、
今日から飲んでいます。
昨日、一応電話で結果が判ってから飲みたい旨を伝えましたが、色々説明され丸めこまれた
説得された感じ。
うぅ~ん、 この薬は 途中でやめると悪化することも考えられるので、そうなるとこの先ずっと飲むことになる訳で・・・ 経済面でも慎重に考えたいところ。
今まで、とくに咳こむことがあったり、息切れしたりする様子がないだけに踏ん切りがつきません。

長生きはしてもらいたい、でも 薬で生かされている状態でいてほしくはないなぁ~とも思う。
薬の副作用や代金のことを考えると、ちょくちょく好きなものをもらって食べ、たまにドックランにいって遊ぶ。
なぁ~んてほうが、幸せなような気がするけど・・・。
どうなんだろう?????

とってもいい先生なだけに 難しい。

病院選びや、主治医探しは 人間も同じで、自分にあう先生に巡り合うのは至難の業。
[PR]

by matoelly | 2011-06-28 14:13 | dog カルテ