迷わずに行けたかな

d0020136_16532195.jpg


8月20日(土) 
エリーが寝たきりになった時から、この日が近づくのが怖かった。
それは、前々から決まっていた私の健康診断の日で家を空けなければならなかったから・・・。
どうしても変更できないので、この時に体調が悪くなったらどうしようと
そればかり先生と話し合っていました。
きっと、エリーはそのことを聞いていて、迷惑かけないようにと 早めに旅立ったのだと思う。
それとも週末だと、とーさんも帰ってこれるかも?って期待しちゃったかな(笑)

当日は出来るだけ早く検診を終えたいので7時には家をでました。
私はずっと泣いていたので、目は腫れているし睡眠は少ないし、最悪の体調の中で
健康診断・・・結果が怖い。
思ったより早めに終わり、急いでバスに飛び乗った所、突然の豪雨に雷。
エリーの涙雨なんだなぁ~って思ってしまったら、バスの中なのに泣けてきた。
お昼過ぎには家に着き、念入りにエリーの毛並みを揃え、脚の毛もカットし、
ずっとずっとお迎えまでナデナデしていました。

14:30 ついにお迎えが来ました。
友達とドックランのオーナーさんも駆けつけていただき、みんなに見守られ棺へ。
ほんとうに寝ているだけ?と思うほど、エリーの顔は穏やかでした。

無理を言って、大好きだったドックランにも寄っていただき火葬場へ。

火葬場についた時には、雲ひとつない晴天(*^_^*)
きっと、天国からたくさんの仲間が道を間違わないようにと照らしてくれたのね。
新参者ですぐに慣れないかもしれないけれど、みんな仲良くしてね。
私たちにとって 
最後の最後まで本当にいい子でした。

みなさんから送っていただいた綺麗なお花とおいしいオヤツと私からの手紙を抱いて
数時間後、ちいさなちいさなお骨になって戻ってきました。

さみしい。・・・
[PR]

by matoelly | 2011-08-25 16:56 | dog